【フレシャス・サイフォンプラス】元祖おしゃれ系ウォーターサーバー

フレシャス,サイフォンプラス

 

最新モデルが大好きなあなた! ごめんなさい。このページで紹介する「サイフォンプラス」は…。じつは…。少しだけ「旧型」のウォーターサーバーなんです…。がっかりさせてしまって、ほんとうに、ごめんなさい。

 

でも、これだけは言わせてください。旧型モデルだからといって、いきなり選択肢からハズしてしまうのはモッタイナイ。無視しちゃもったいないです! サイフォンプラスならではの「魅力」もいろいろあるからです。

 

フレシャス・サイフォンプラス

 

たとえば、やや旧型のモデルだからこその「使いやすさ」は魅力のひとつ。そして、今でも十分に通用する「デザイン」も魅力のひとつではないでしょうか。

 

ということで、フレシャスのウォーターサーバー「サイフォンプラス」について、いっしょに見ていきましょう。このページを読んでもらえれば、「サイフォンプラスって意外とありかも」と思ってもらえるはずです。

 

 

サイフォンプラスは子どもでも使いやすい

 

ウォーターサーバーを使いたい理由のひとつとして、「子どもたちに衛生的なお水を飲ませたい」というのをよく耳にします。水道水をそのまま飲ませるのは、みなさんやっぱり、衛生的に心配なんですよね。

 

子どもに安全なお水を飲ませるには?

 

ですが、どうでしょう? 最近のウォーターサーバーって、子どもが自分では使いにくくないですか?

 

最近のウォーターサーバーって、子どものヤケド対策を重視しすぎ(?)て、複雑なチャイルドロックを採用してるものも少なくないです。お湯を出すのに、レバーやら、ボタンやらを、あれこれ操作しないといけないわけです。

 

もちろん、子どもがイタズラしにくくなって安全なのはいいと思うんです。とくに、熱湯の危険性がまだわからないくらいの、小さいお子さんがいるご家庭なら、しっかりしたチャイルドロックが必要です。

 

ですが、小学校に上がるくらいの年齢の、ある程度しっかりしたお子さんならどうでしょう? もう少し簡易的なチャイルドロックでもいいんじゃないでしょうか?

 

ちなみに・・・

 

サイフォンプラスは子どもでも使いやすい

 

フレシャスのウォーターサーバー「サイフォンプラス」は、子どもでも使いやすいウォーターサーバーです。なぜ子どもでも使いやすいかというと、「操作する位置が低い」ことと、「チャイルドロックの仕組みが簡単」だからです。

 

サイフォンプラスのチャイルドロックは、ボタンを押しながら、コップをレバーに押し付けるだけ。じつに簡易的なものです。複雑な操作も、待ち時間もありません。

 

サイフォンプラスのチャイルドロックの仕組み

 

ロック解除のために両手を使わないといけないのがイマイチですが、仕組みはとてもシンプルでわかりやすいです。小学校に上がるくらいの子どもなら、安全に使えるんじゃないでしょうか。

 

子どもたちに、ウォーターサーバーの衛生的なお水を、自分で、自由に飲ませてあげたい。そういう教育方針のご家庭なら、サイフォンプラスはちょうどいいかもしれません。

 

 

サイフォンプラスが使いやすいのは子供だけじゃない

 

サイフォンプラスは「操作する位置が低い」ので、子ども以外でも「助かる〜」って人は多いのではないでしょうか。

 

たとえば、車椅子を使って生活されている方はどうでしょう。ご家族にそういった状況の方がいらっしゃるなら、サイフォンプラスがあると、お水やお湯を自分で自由に使えて便利ですよね。

 

サイフォンプラスは車椅子でも使いやすい

 

台所の水道の蛇口から、コップにお水をつぐのは、車椅子だとなかなか大変なことではないでしょうか。夏場の水分補給など、お水を飲むのに苦労している方たちも多いのではないでしょうか。

 

そんなときに、使いやすいウォーターサーバーがあれば便利かもしれません。もちろん、お水の交換は、家族のどなたかがやってあげてくださいね。

 

 

サイフォンプラスは、書斎や勉強部屋で使うのもおすすめ

 

「操作する位置が低い」ことに関連して、もうひとつ。書斎や勉強部屋でサイフォンプラスを使うのもおすすめです。つまり、「キャスターつきの椅子」でお仕事や勉強をやる環境で使うということです。

 

サイフォンプラスは書斎・仕事部屋などで使うといいかも

 

椅子に座ったまま、椅子をゴロゴロやって、お水を飲んだり、コーヒーで一息ついたり…。サイフォンプラスの操作位置は、座ったまま使うのにちょうどいい高さなので、とっても便利じゃないでしょうか。

 

集中力を切らさず、水分補給できれば、お仕事や勉強がはかどっちゃいますね。

 

 

サイフォンプラスのお水の交換について

 

サイフォンプラスは、お水の交換方法が少し特殊です。「アタッチメント」というものがあって、それを、お水のパックに取り付ける作業が必要になります。

 

サイフォンプラスのお水の交換方法

 

お水のパックを設置する手順
  1. サイフォンプラスの上部のフタを開ける
  2. お水のパックをボックス内に置く
  3. 「固定用リング」に、「アタッチメント」を取り付ける
  4. アタッチメントの「針(ニードル)」をパックに突き刺す
  5. アタッチメントの「ポンプ」をシュコシュコやって…
  6. ホースに水が流れたら設置完了
  7. フタを閉める

 

手順がちょっと複雑ですよね…。「たいへんそう〜」と思ってしまいますよね…。その気持ち、よくわかります。

 

しかたないので、とりあえず、最初は説明書を見ながら、がんばってやってみてください。実際に何度かやってると、すぐに慣れるので心配ないですよ。

 

ということで、ここでワンポイントアドバイス!

 

この取り付け方法の話に関連して、そもそも「サイフォン」とはどういう意味なのか説明しておきます。ここがわかると、どうしてこんな面倒くさい取り付け方法になるのか理解できるはずです。

 

そもそも「サイフォン」ってどういう意味なの?

 

「サイフォン」というのは、昔、理科で習った自然現象のことです。学生時代に戻ったつもりで、簡単におさらいしてみましょう。

 

まずは、次の図を見てみてください。高い位置に水の入ったコップがあって、低い位置にカラのコップがある状態です。

 

サイフォンの仕組み1

 

この2つのコップの間に、ホースを置いたとしても、このままでは水は流れていきません。

 

そこで、ポンプなど使って、ホースに水を送り出していくとします。下の図のように、ホースの一番高いところまで、お水を送り出していくわけです。

 

サイフォンの仕組み2

 

すると、どうなると思いますか?

 

答えは、次の図のように、自動的にお水がドンドン流れ始めます。ポンプを止めてしまっても、自動的に流れ始めるわけです。

 

サイフォンの仕組み3

 

お水が下のコップに流れ落ちると同時に、上のコップからお水がドンドン吸い出されていきます。これが、「サイフォン」と呼ばれる、物理的な自然現象です。

 

フレシャスのウォーターサーバー「サイフォンプラス」は、このサイフォンの原理を利用しています。なので、「サイフォンプラス」という名前になっているわけです。

 

フレシャス・サイフォンのお水交換時の設定方法

 

アタッチメントを取り付けたら、針を刺して、ポンプを10〜15回ほどシュコシュコやりましょう。すると、ホースに水が押し出されていって、あとはサイフォンの原理で水が自動的に流れ始めます。

 

 

サイフォンプラスだと、もし停電しても、お水を出すことができる

 

じつを言うと、サイフォンプラスは停電してるときにも、お水を出すことができます。なぜ停電しててもお水が出せるかというと、先ほど説明した「サイフォンの原理」を利用しているからです。

 

フレシャス・サイフォンプラスだと停電していてもお水を出せる

 

これは「サイフォンの原理」じゃないとできません。単なる「自然落下」では、電気なしで水を出すことはできないんです。

 

単なる自然落下では、お水の量が少なくなってくると水圧が足りなくなってしまいます。そのため、最初は出てきたとしても、お水が減ってくるとチョロチョロしか(あるいはまったく)出なくなっちゃうんです。

 

一方で、サイフォンの原理を使えば、お水の量が少なくなっても、水がなくなる最後まで勢いが変わりません。電気がなくても、お水をジャンジャン出せるんです。ここが、サイフォンの原理のすごいところです。

 

もちろん、停電になると、お水を冷やしたり、お湯を沸かしたりはできなくなります。ですが、停電後数時間は、冷えたお水や、温かい温水を利用できるので助かりますよね。

 

 

以上見てきたように、サイフォンプラスは旧型モデルではあっても、まだまだ現役で役立つウォーターサーバーです。もし興味があれば、検討してみてはいかがでしょうか。

 

フレシャス・サイフォンプラスの仕様

 

製品名 SIPHON+ サイフォンプラス
温度設定
  • 冷水:3.5〜8℃
  • 温水:80〜90℃
サイズ

ロングタイプ

  • 幅:300mm
  • 奥行:340mm
  • 高さ:1,225mm

ショートタイプ

  • 幅:300mm
  • 奥行:340mm
  • 高さ:775mm
重さ
  • ロングタイプ:18.1kg
  • ショートタイプ:15.1kg
タンク容量

ロングタイプ

  • 冷水タンク:3.8リットル
  • 温水タンク:1.8リットル

ショートタイプ

  • 冷水タンク:3.8リットル
  • 温水タンク:1.3リットル
消費電力
  • 冷水:80W
  • 温水:350W
選べるお水
ボトル・パック種別
  • 7.2リットルパック
レンタル費用
  • 税抜300円/月 ですが…
  • 前月に1箱以上の注文があれば「無料」
購入プラン
  • なし
公式ページ https://www.frecious.jp/siphon/

 

 

フレシャス特集のトップに戻る

このページの先頭へ戻る