【フレシャスの利用料金】月額費用の試算&あなたに最適のプラン選び

フレシャスの月額利用料金を計算する方法

 

このページでは、フレシャスの料金について説明します。つまり、「フレシャスっていくらかかるの?」というお話です。

 

フレシャスの料金って、ホームページを見ても、わかりにくいですよね? 細かい条件で料金が変わってきたりして、途中で「う〜ん、わからん」ってなりませんか?

 

でも安心してください! フレシャスの料金について順番にひとつずつ説明していくので、あなたの疑問もスッキリ解決できるはずです。あなたのご家庭では毎月どのくらいの費用がかかるか、いっしょに見ていきましょう。

 

 

フレシャスを利用するのにかかるのは「サーバーレンタル料金」と「お水代」

 

フレシャスを利用するには、ウォーターサーバーを借りる料金「サーバーレンタル料金」と、自分たちで飲むお水の料金「お水代」がかかります。

 

フレシャスを利用するのにかかる料金

 

従来のウォーターサーバー業者は、お水を送ってもらうのに「送料」がかかったり、用途不明の「メンテナンス料金」「サポート料金」などといった諸雑費を支払わされたりしたものです。

 

ですが、フレシャスを利用するには、シンプルに「サーバーレンタル料金」と「お水代」だけしかかかりません。余計な諸雑費が発生しないのは助かりますね。

 

ウォーターサーバーは電化製品なので、電気代が多少発生します。地域や使用状況で変わってきますが、一般に月1,000円前後、エコモード使用で数百円程度と考えるといいでしょう。

 

 

それでは、「サーバーレンタル料金」と「お水代」について、さらに具体的に見ていきましょう。

 

フレシャスの「サーバーレンタル料金」について

 

フレシャスの「サーバーレンタル料金」は、ウォーターサーバーの機種によって、次のように設定されています。

 

  • サイフォンプラス 300円/月
  • デュオ 500円/月
  • スラット 900円/月

 

でも、ちょっと待ってください!

 

サーバーレンタル料金は「無料」にできる

 

じつは、フレシャスの「サーバーレンタル料金」は、ある条件を満たせば「無料」になります。その条件とは、「前の月に注文したお水の個数」が、「規定個数」を上回っていたら無料になるというものです。

 

図で説明しましょう。

 

サーバーレンタル料金が無料になるための規定個数

 

たとえば、「dewo(デュオ)」という機種を利用するのであれば、前の月に「2箱以上」の注文実績があれば、サーバーレンタル料金が無料になります。1箱に7.2リットルパックが4つ入っているので、2箱なら全部で8つ、合計57.6リットルのお水を注文すれば無料になる計算です。

 

あるいは「Slat(スラット)」という機種なら、前の月に「3箱以上」の注文実績で無料です。こちらは1箱に9.3リットルボトルが2本入っているので、全部で6本、合計55.8リットルの注文が必要になります。

 

「SIPHON+(サイフォンプラス)」は旧型モデルなので、無料の条件が1ヶ月1箱、7.3リットルパック4つでOKです。

 

3〜4人家族なら余裕でクリアできるペース

 

このように、最新モデルの「デュオ」「スラット」を選んだ場合、サーバーレンタル料金を無料にするには、1ヶ月で60リットル近いお水を使うことが条件になります。30日で割ると1日2リットルほどのペースですね。

 

このペース、どうでしょう? 1日2リットルは、1人暮らしでは正直言って難しいかもしれないですね…。2人暮らしだとギリギリ…? ちょっと微妙です。

 

現実的には、3〜4人以上のご家庭なら、サーバーレンタル料金が「無料」になると思っていいんじゃないでしょうか。もちろん1〜2人のご家庭でも、お水を飲む習慣がついてくれば、お水の消費量が増えて自然とクリアできるようになるかもしれません。

 

1〜2人のご家庭なら、旧型モデルの「サイフォンプラス」を選ぶという方法もあります。サイフォンプラスは旧型ではありますが、今でも十分に通用する「元祖おしゃれ系ウォーターサーバー」です。

 

 

フレシャスの「お水」の料金について

 

それでは次に、「お水」にかかる料金についても見ていきましょう。フレシャスでは3種類のお水を扱っていて、それぞれ値段が違います。

 

フレシャスのお水の値段一覧表

 

細かい数字は上の図を見ていただくとして、ざっくり言えば「500ミリリットルあたり80円くらい」と思っておけばいいでしょう。

 

ちなみに、近所の自動販売機で、500ミリリットルのペットボトルのお水がいくらで売られているか調査してみました。すると結果は、100〜120円の価格設定になってるケースが多いようです。

 

自動販売機のお水は500ミリリットルペットボトルで110円前後が多い

 

  • 自動販売機のお水 100〜120円/500ml
  • フレシャスのお水 79.2〜82円/500ml

 

ということは、フレシャスのお水は、自販機で買うペットボトルのお水よりも2〜3割ほど安い価格設定になってるということです。

 

もちろん、これでもまだ高いって感じる方もいらっしゃるとは思います。ですが、少なくとも、ペットボトルのお水をいちいち買ってくるよりは、フレシャスのお水のほうが経済的なのは事実ですね。

 

 

以上をふまえて、もう少し具体的に考えてみます。

 

赤ちゃんのミルク作りにフレシャスを利用するなら

 

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使いたいというご家庭の場合、フレシャスを利用するのに、どの程度の費用を見込んでおけばいいでしょうか?

 

赤ちゃんのミルク作りでフレシャスを使うケース

 

結論だけ先に言うと、「1ヶ月5千円」くらいを見込んでおけば大丈夫でしょう。次のような試算で出した金額です。

 

試算

赤ちゃんがミルクを飲む量は、当然ですが、成長の度合いで違ってきます。とりあえず、ここでは試算ということで、「1回180ml」のミルクを「1日6回」飲ませると仮定しましょう。

 

すると、1日あたり「180ml×6回=1080ml=1.08リットル」のお水を使う計算です。ということは、1ヶ月あたりだと「1.08リットル×30日=32.4リットル」のお水を使うことになりますね。

 

仮に、ウォーターサーバーが「デュオ」でお水が「フレシャス富士」だとすると、1箱あたり「7.2リットル×4つ=28.8リットル」で4,623円。

 

お水の量が、ちょうど1箱で足りるか足りないかくらいですよね。なので、ざっくりと概算で、「1ヶ月5千円」くらいを見込んでおけば大丈夫ではないでしょうか。

まとめると

赤ちゃんのミルク作りにフレシャスを使う場合の費用の目安

 

 

一人暮らしでフレシャスを利用するなら

 

次は、一人暮らしでフレシャスを利用するケースについて考えてみましょう。会社にお勤めしているなどで、平日の日中は家にいないような場合です。

 

一人暮らしでフレシャスを利用するケース

 

結論だけ先に言っておくと、「1ヶ月5千円」くらいを見込んでおくと大丈夫ではないかと思います。

 

利用状況は人それぞれだとは思いますが、次のような条件で試算してみました。

 

試算

朝起きたときにお水を1杯飲むのは、1日のスタートにとてもいい習慣です。そのあと、顔を洗ったりしてから、ウォーターサーバーのお湯でコーヒーをいれれば、いい香りに包まれて気持ちがシャッキリしますよね。

 

会社に出勤している間はウォーターサーバーは使えませんが、この間はエコモードにして電気代をしっかり節約しましょう。

 

お仕事が終わって帰宅したら、お水を1杯飲むとか、夕飯を食べながらお茶を1杯飲むなどするでしょう。そして、お風呂から上がってお水を1杯というのが、1日のサイクルです。

 

こんな感じでイメージするなら、平日は1日4杯くらいのお水を使うことになりますね。コップ1杯180mlと仮定して、1日あたり「180ml×4杯=720ml=0.72リットル」の消費量です。

 

1ヶ月に換算すると「0.72リットル×30日=21.6リットル」なので、1箱(7.2リットル×4パック=28.8リットル)のお水が少し残る程度。休日はもっと飲むでしょうから、1ヶ月1箱でちょうどいいくらいではないでしょうか。

 

ということで、一人暮らしでフレシャスを利用する場合の想定費用は、1箱分のおよそ5千円くらいを見込んでおけばいいでしょう。

まとめると

一人暮らしでフレシャスを利用する場合の費用の目安

 

 

夫婦2人暮らしでフレシャスを利用するなら

 

次は、夫婦2人の家庭でフレシャスを利用するケースを考えてみましょう。新婚さんとか、逆に、子どもが独り立ちして夫婦2人だけになったご家庭などが、このケースに当てはまると思います。

 

たとえば奥さんが専業主婦だとして、どのくらいの費用を見込んでおけばいいでしょうか?

 

夫婦2人暮らしでフレシャスを利用するケース

 

結論から言えば、夫婦2人で「1ヶ月1万円」程度かなと思われます。次のような条件で試算してみました。

 

試算

朝起きて、目覚めの1杯。そして、朝食でコーヒーを1杯。その後、家事をひと通りすませてから、スーパーにお買い物に行って、帰ってきてからお水を1杯飲んだりするのではないでしょうか。

 

午後は、リラックスタイムに紅茶やコーヒーなど飲めば、気持ちがリフレッシュできるでしょう。夕飯の準備など、このあとも忙しくなるので、ホッとひと息つける時間も大切ですね。

 

あとは、夕飯のときにお茶を1杯、お風呂上がりにお水を1杯というのを、1日のサイクルとして想定してみました。これだと、1日あたり「180ml×6杯=1,080ml=1.08リットル」の消費量です。

 

1ヶ月に換算すると「1.08リットル×30日=32.4リットル」なので、1箱(7.2リットル×4パック=28.8リットル)でちょっと足りないくらいですね。

 

先ほどの一人暮らしのケースを、「出勤している旦那さん」のケースと置き換えて考えれば、1箱がちょっと余るくらいだったので、夫婦2人合わせるとちょうど2箱消費するようなイメージでしょうか。

 

ということで、夫婦2人暮らしでフレシャスを利用する場合には、パックのお水を1ヶ月で2箱程度、だいたい「1万円」を見込んでおけば大丈夫でしょう。

まとめると

夫婦2人でフレシャスを使う場合の費用の目安

 

 

子どもがいる家庭でフレシャスを利用するなら

 

最後に、小学生くらいのお子さんがいらっしゃるご家庭でフレシャスを利用するケースについても考えてみましょう。つまり、「夫婦2人+子ども1人」という条件で考えてみます。

 

子どものいる家庭でフレシャスを利用するケース

 

まず結論から言いますと、「夫婦2人+子ども1人」であれば、家族全員で「1ヶ月1万5千円」かからないくらいと考えておけばいいでしょう。

 

1万5千円は高いと思ったあなた。その場合には、先に予算を決めてしまって、その予算に合わせて「やりくり」するといいですよ。たとえば、食事といっしょに飲むお茶は、水道水を沸かしたお湯を使うといった工夫です。

 

逆に、朝起きてすぐの1杯のお水とか、リラックスタイムのコーヒーに使うお湯とか、「お水のおいしさ」が重要な場面では、フレシャスのお水を飲みたいですね。賢く使い分ければ、しっかり節約できますよ。

 

ということで、子どもがいる家庭での見込み費用について、次のような条件で試算しました。

 

試算

朝起きてすぐお水を1杯。朝起きたときは、人間の体は軽い脱水症状になっています。なので、目覚めにコップ1杯のお水を飲む習慣が、健康的な生活の基本です。

 

その後は、大人は朝食でコーヒーを飲んだりしますが、子どもだったら牛乳を飲むかもしれません。なので、子どもが朝に飲むのは1杯だけと仮定しましょう。

 

学校から帰ってきたら、ノドも乾いてるでしょうから、お水を1杯ゴクゴクと飲むでしょう。あとは、夕飯のときのお茶とか、お風呂上がりのお水といった具合に、1日のサイクルが想定できます。

 

このサイクルで考えると、1日あたり「180ml×4杯=1,080ml=0.72リットル」の消費量です。1ヶ月あたりは「0.72リットル×30日=21.6リットル」。1箱(7.2リットル×4パック=28.8リットル)でちょっと余るくらいでしょうか。

 

なので、「夫婦2人+子ども1人」のご家庭だと、全部で3箱くらいの消費量になると見込まれます。フレシャス富士のパックタイプなら1箱4,623円なので、3箱で1万5千円以内で考えておけばいいでしょう。

まとめると

家族3人でフレシャスを使う場合の費用の目安

 

 

お水の料金についてまとめ

 

お水の料金について、4つのケースで試算してみましたがいかがでしたか?

 

お水をどのくらい使うかは、それぞれのご家庭でバラバラだと思います。なので、ここで紹介した金額は目安に過ぎないですが、「当たらずも遠からず」といった感じではないでしょうか。

 

ということで、フレシャスを利用するのであれば、ざっくり「1人あたり5千円」を目安に考えてみるといいでしょう。そのうえで、それぞれのご家庭の予算に合わせて、お水の使用量を増やしたり減らしたり調整してみてください。

 

フレシャスの「購入プラン」について

フレシャスにはレンタルプランと購入プランのどちらかを選べる

 

さてさて。ここまでの話は、ウォーターサーバーをフレシャスから借りる「レンタルプラン」の話でした。

 

ですが、ちょっと待ってください! フレシャスには、ウォーターサーバーをレンタルするのではなく、<買い取る>ことのできる「購入プラン」というものがあるんです。

 

 

この購入プラン。料金が気になって迷っていたご家庭にとって、もしかすると解決策になるかもしれません。ちょっと、くわしく見ていきましょう。

 

購入プランのメリットとは?

 

購入プランを選ぶメリットは、ズバリ「お水が18%安くなる」ことです。お水が約2割引きになって、しかも、その割引が期限なしでず〜っと続くというわけです。

 

次の図を見てもらってもいいでしょうか。

 

フレシャスの購入プランだとお水が18%安くなる

 

  • 自動販売機のお水 100〜120円/500ml
  • フレシャスのお水(レンタルプラン) 79.2〜82円/500ml
  • フレシャスのお水(購入プラン) 64.4〜67.2円/500ml

 

たとえば「フレシャス富士」を利用するとしましょう。レンタルプランでは500mlあたり「82円」でしたが、購入プランを選ぶとずっと「65.2円」で買えるというわけです。

 

先ほど、自動販売機だと、500mlのお水がだいたい「100〜120円」ほどするという話をしました。それとくらべると、購入プランの「65.2円」は、かなり割安感がありますよね。

 

 

とはいえ、ここであなたは思うかもしれません。お水が安くなるのはわかったけど、ウォーターサーバーを買わなくちゃならないじゃないかと。お水が安くなったとしても、ウォーターサーバーが高かったら意味ないじゃないかと。

 

たしかに、その通りですよね。でも・・・

 

お水の割引で、サーバー購入費用の元が取れる

 

たとえば、フレシャスの「dewo(デュオ)」を購入するとしましょう。この場合、デュオのお値段は次のようになっています。

 

  • 一括払い 43,000円
  • 分割払い 1,250円×36回

 

4万3千円は、決して安くはないです。購入するには、ちょっと勇気が必要なお値段かもしれません。

 

ですが、次の図を見てもらってもいいでしょうか。

 

フレシャスのレンタルプランと購入プランの値段の違い

 

お水を毎月「2箱」以上注文するご家庭なら、購入プランのほうが安いです。仮に36回払いが終了したら、さらに安くなってしまいます。お水の18%割引は、それだけ強力だということです。

 

仮に、一括払いしたとしましょう。お水を2箱注文するとしたら、お水の値段が「9,246−7,512=1,734円」安く買えるので、「43,000÷1,734=24.8ヶ月」で元が取れてしまいます。つまり、フレシャスを2年以上利用するなら、購入プランのほうがお得ということです。

 

 

購入プランが向いているご家庭とは?

 

以上見てきたように、フレシャスの購入プランを利用するメリットは、お水がかなり安くなるというところ。お水を月2箱注文するご家庭で2年、それ以上注文するご家庭なら、1年ちょっとで元が取れたりします。

 

しかも、元が取れたあとも、ずっと割引価格でお水を注文できるのも魅力的なところ。お水の消費量が多いご家庭(あるいはオフィス・店舗)なら、購入プランのほうが経済的でお得です。

 

逆に言うと、お水の消費量が少ないご家庭の場合は、あまりメリットがないかもしれません。月平均で2箱未満の注文数なら、レンタルプランを選んだほうがいいでしょう。

 

フレシャスは月2箱以上なら購入プランのほうがお得

 

フレシャスは料金設定がいろいろあって複雑です。でも、逆に言えば、予算に合わせていろいろな利用方法が考えられるということでもあります。あなたのご家庭の事情に合わせて、最適なプランを選んでくださいね。

 

 

フレシャスの料金まとめ

 

レンタルプラン
SIPHON+
サイフォンプラス
dewo
デュオ
Slat
スラット
サーバーレンタル料金 300円(条件つきで無料) 500円(条件つきで無料) 900円(条件つきで無料)
※無料になる条件 前月にお水1箱注文で無料 前月にお水2箱注文で無料 前月にお水3箱注文で無料
※1箱の内容 1箱7.2リットルパック×4つ(全28.8リットル) 1箱7.2リットルパック×4つ(全28.8リットル) 1箱9.3リットルボトル×2本(全18.6リットル)
※電気代 750〜1,200円程度 330〜1,200円程度 380〜1,200円程度
フレシャス富士

1箱4,623円
1パック1,155円
82.0円/500ml

1箱4,623円
1パック1,155円
82.0円/500ml

1箱3,013円
1本1,507円
81.0円/500ml

フレシャス木曽

1箱4,682円
1パック1,170円
81.3円/500ml

1箱4,682円
1パック1,170円
81.3円/500ml

取扱なし
フレシャス朝霧高原 取扱なし

1箱4,560円
1パック1,140円
79.2円/500ml

取扱なし
お水の配送料 無料
メンテナンス料金 なし
サポート料金 なし
解約金

1年未満16,200円(税込)
2年未満9,720円(税込)

※すべて税抜価格
※電気代は参考値(地域や使用状況で変わります)

 

 

購入プラン
SIPHON+
サイフォンプラス
dewo
デュオ
Slat
スラット
サーバー価格
(一括/分割)
取扱なし 一括43,000円 一括45,000円
1,250円×36回 1,306円×36回
※保証期間 取扱なし 3年間 3年間
※1箱の内容 取扱なし 1箱7.2リットルパック×4つ(全28.8リットル) 1箱9.3リットルボトル×2本(全18.6リットル)
※電気代 取扱なし 330〜1,200円程度 380〜1,200円程度
フレシャス富士 取扱なし

1箱3,756円
1パック939円
65.2円/500ml
※約18%オフ

1箱2,500円
1本1,250円
67.2円/500ml
※約17%オフ

フレシャス木曽 取扱なし

1箱3,804円
1パック951円
66.0円/500ml
※約18%オフ

取扱なし
フレシャス朝霧高原 取扱なし

1箱3,708円
1パック927円
64.4円/500ml
※約18%オフ

取扱なし
お水の配送料 取扱なし 無料
メンテナンス料金 取扱なし なし
サポート料金 取扱なし なし
解約金 取扱なし なし

※すべて税抜価格
※電気代は参考値(地域や使用状況で変わります)

 

 

フレシャス特集のトップに戻る

このページの先頭へ戻る