【フレシャス朝霧高原】超バナジウム天然水のおいしい魅力に迫る!

フレシャス朝霧高原

 

「フレシャス朝霧高原」は、富士山のふもとで採取された天然水です。でも、ちょっと不思議ですよね? フレシャスには「フレシャス富士」というお水があるのに、なんでまた、富士のふもとの天然水が別に用意されてるんでしょうか?

 

そこで、まず最初に、位置関係を整理しておきましょう。

 

フレシャス富士が採取されている「富士吉田」は、富士山の東側のエリアです。一方で、フレシャス朝霧高原が採取されている「朝霧高原」は、富士山の西側のエリアです。お水を採取している場所が、微妙に違うわけです。

 

朝霧高原エリアの天然水にはバナジウムが超多い

 

で、ここがポイント! じつは、富士山の東側のエリアと、西側のエリアでは、地下水のミネラルバランスがまったく違ってるんです。とても不思議なんですが、お水に含まれる成分がぜんぜん違うわけです。

 

このあたりの話を、もう少し掘り下げて考えていきましょう。

 

 

「フレシャス朝霧高原」と「フレシャス富士」の成分比較

 

ミネラルだとか、成分だとかって話をすると、「なんだか難しそうだな…」って思ってしまうかもしれないですね。でも大丈夫。なるべく簡単に説明するので、ついてきてくださいね。

 

まず、下の成分比較表を見てもらってもいいでしょうか?

 

フレシャス富士とフレシャス朝霧高原の成分比較表

 

こういう数字を見ると「うわぁ…」ってなるかもしれないですが、細かい数字はよくわからなくて大丈夫です。ここで見てもらいたいのは、「フレシャス朝霧高原」の数字が、「フレシャス富士」の数字よりも大きいというところです。

 

たとえば、カルシウムが「0.57→1.5」の約3倍、マグネシウムが「0.19→1.1」の約6倍です。どうでしょう? ぜんぜん違ってるのがわかりますよね。

 

これはどういう意味かというと、「フレシャス朝霧高原」は、ミネラルがとっても豊富な天然水だということ。朝霧高原エリアの土壌には、ミネラルが豊富に含まれているということです。

 

 

フレシャス朝霧高原は、やや硬めの軟水

 

ちなみに、先ほどの比較表の、硬度の数字も見てみましょう。「フレシャス富士」の硬度が21で、「フレシャス朝霧高原」の硬度が85です。お水の硬度については、一般的に、次の表のように分類されます。

 

お水の硬度の目安

 

日本で流通している天然水は、一般に「30〜60」くらいの商品が多いので、フレシャス朝霧高原は硬度がやや高めです。いちおう「軟水」ですが、やや硬めの軟水になります。

 

このような天然水は、他ではなかなか飲めません。そういう意味では、フレシャス朝霧高原は、とても貴重な天然水と言っていいでしょう。

 

 

フレシャス朝霧高原は、ミネラル不足になりがちな女性におすすめ

 

ミネラル豊富なフレシャス朝霧高原ですが、ミネラルが多いと何がいいのでしょうか? どんなメリットがあるのでしょうか?

 

たとえば、生理・妊娠・更年期などの影響によって、さらには過剰なダイエットの影響で、多くの女性が「ミネラル不足」だといわれています。ミネラルには「カラダを整える」役割があって、不足すると将来的な健康不安につながりかねません。

 

ミネラルの主要な役割
  • 骨や血液などを作り出す役割
  • 酵素などの働きをサポートする役割
  • 体液の浸透圧やpHを整える役割
  • 神経の機能を正常に保つ役割

 

なので、ミネラル不足を自覚している人は、食事やサプリメントなどで、意識的にミネラルを補給するといいでしょう。それと同時に、フレシャス朝霧高原のような、ミネラル豊富な天然水を取り入れるのもいいかもしれません。

 

運動後の水分補給にフレシャス朝霧高原は最適

 

また、ミネラル成分は、汗といっしょに体外に排出されることも知られています。たとえば、運動したときとか、夏の暑い日とか、汗をたっぷりかくと、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが失われたりするわけです。

 

なので、ふだんから運動する習慣のある人や、夏場の水分補給として、フレシャス朝霧高原を試してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

「フレシャス朝霧高原」は医薬品ではないので、病気を治す効果はありません。体調がすぐれない場合には、すぐに病院に行って、専門医に診察してもらうことが大切です。

 

フレシャス朝霧高原はウォーターサーバー「デュオ」に対応

 

以上、フレシャス朝霧高原について見てきましたけど、いかがでしたか? ミネラルがこれだけ豊富な天然水は、日本ではあまり見かけないので、とても貴重ですし、魅力的ですよね。

 

ただし、「フレシャス朝霧高原」については、ひとつだけ注意点があります。それは、フレシャスのウォーターサーバーの中で、「dewo(デュオ)」という機種だけに対応してるということです。

 

フレシャス朝霧高原はデュオに対応

 

どうして、こんなことになっているのかというと、機種ごとにお水のパック・ボトルの種類が違っているからです。

 

スラットは使い捨てボトル。サイフォンプラスは<取り付けリング>付きの使い捨てパック。そして、デュオはシンプルな使い捨てパックを使う仕様になっているんです。

 

おそらく、朝霧高原の採水工場では、それらすべてに対応できる設備が整っていないんでしょうね・・・

 

いずれにせよ、フレシャス朝霧高原は「デュオ」のみの対応というのは、現時点ではしかたのないところです。もしフレシャス朝霧高原を飲んでみたいなという場合には、ウォーターサーバーは「デュオ」を選んでくださいね。

 

 

フレシャス朝霧高原の基礎データ

 

硬度 85mg/L 軟水
バナジウム 180μg/L
ナトリウム 8.0mg/100ml
カルシウム 1.5mg/100ml
マグネシウム 1.1mg/100ml
カリウム 0.29mg/100ml
pH 8.5 弱アルカリ性
パッケージ 使い捨てパック 7.2リットル
価格
(税抜)
  • 1セット(4パック) 4,560円
  • 1パックあたり 約1,140円
  • 500mlあたり 約79円
利用可能なウォーターサーバー
公式ページ https://www.frecious.jp/water/asagiri/

 

 

フレシャス特集のトップに戻る

このページの先頭へ戻る