ウォーターサーバー徹底比較「失敗しない正しい選び方を教えます!」

災害時の備蓄水として役立つウォーターサーバーランキング

 

あらためて言うまでもないですが、日本は地震大国です。日本に住んでいるかぎり、いつでもどこでも大地震が起きる可能性があると思ったほうがいいです。現時点では地震の発生を正確に予測することは難しく、私たちとしては「大地震があるかも?」という前提で常に準備しておくしか身を守る方法はありません。

 

突然の災害にも対応できるように準備しておきましょう

 

ちなみに、過去の大地震で毎回問題となってきたのが、電気・ガス・水道などのライフラインが止まってしまうことです。このうち、電気やガスについては、止まってもなんとか生きていけます。しかし、水道が止まって「飲み水」が手に入らなくなると命にかかわります。飲み水だけは、なにがなんでも確保しないといけないわけです。

 

 

最低3日間生きていけるだけの飲み水が必要

 

水道が止まってしまうと、水道管が復旧されるまでに1週間から1ヶ月程度かかることがあります。その間は給水車によるお水の配給があったりしますが、地震直後は道路や橋が寸断されてしまうケースも多いです。そのため、お水の配給が実際に始まるまでには、地震発生から数日のタイムラグが生じてしまうケースも少なくありません。

 

そのタイムラグがどのくらいかというと、一般論としては「3日間」程度を見込んでおく必要があると言われています。しかも、そう遠くない将来に起きるとされる”超”巨大地震(首都直下型地震、南海トラフ地震など)が起きた場合は、「7日間以上」はお水が手に入らなくなる可能性があるとさえ言われています。これはかなり深刻な問題です。

 

最低3日分の飲み水を確保しておきたいです

 

ちなみに、3日分の飲み水がどの程度か考えてみましょう。一般に、健康的に生活するためには、1人1日3リットルくらいの飲み水が必要と言われます。ですが、大地震のような緊急事態には多少がまんして、例えば1人1日2リットル飲むとします。すると…

 

1人1日2リットル×3日=6リットル
家族4人だと6リットル×4人=24リットル

 

24リットルといえば、ウォーターサーバーの12リットルボトル2本分です。つまり、一般的なご家庭であれば、12リットルボトル2本を常にストックしておけば、突然の大地震が起きてもなんとかなるということになりそうです。

 

 

ボトル回収のないウォーターサーバーがおすすめ

 

災害時の備蓄水として最適なウォーターサーバー業者の条件とは何か? この質問に対しては、「ボトル回収のないウォーターサーバー業者を選んだほうがいい」と個人的に思います。なぜボトル回収のないウォーターサーバー業者がいいかというと「ボトルを何本でもストックしやすいサービス設計」になっているからです。

 

ボトル回収のあるウォーターサーバー業者さんだと、例えばボトル2本を注文したら、その新規2本を配達してもらうついでに空きボトル2本を回収するシステムになります。もちろん、飲みきらなかった場合などに空きボトル1本しか回収できない場合もありえますが、原則として2本配達したら2本回収するというシステムになっているわけです。

 

なので、ボトル回収のあるウォーターサーバー業者さんだと、備蓄水として「常にボトル2本以上をストックしておきたい」といったニーズに合わない場合が出てきます。それだったら、ボトル回収のない「使い捨てボトル&使い捨てパック」のウォーターサーバー業者さんを選んでおくのが無難ではないかというのが私の考えになります。


 

もちろん、ボトル回収のあるウォーターサーバー業者さんであっても、「備蓄水としてストックしておきたいんです」と相談すれば臨機応変に対応してもらえると思います。そこは交渉しだいだと思いますが、わざわざ交渉するのもめんどくさいです。であれば、最初から回収なしの業者さんを選んでおいたほうが手っ取り早いです。

 

いずれにしても、ウォーターサーバーの「災害時の備蓄水になる」というメリットは、地震大国日本に住む私たちにとって心強い味方です。いざというときに困らないように、ぜひウォーターサーバーを利用してみてください。

 

 

災害時の備蓄水として役立つウォーターサーバーランキング

 

コスモウォーターの特徴

  • 天然水×3種類
  • 床置×1種類、卓上×1種類
  • ボトル回収なし
  • 初期費用0円
  • 本州・四国・九州

価格
お水
富士:75円/500ml
京都:73.3円/500ml
大分:79.2円/500ml
サーバー
月0円
評価 評価5
備考 入会金:0円
設置費用:0円
対象エリア:本州・四国・九州
コスモウォーターの総評

コスモウォーターさんは天然水でシェアNo.1の人気のあるウォーターサーバー業者さんです。回収なしの12リットルボトルを採用していますし、災害時の備蓄水としても申し分ありません。

コスモウォーターさんは良くも悪くも「ごく普通」のウォーターサーバー業者さんです。備蓄水としてどこが一番いいかと考えたときに、この「ごく普通」というのが逆にいいかなと思って1位に選んでみました。業界大手ですし、コスモウォーターさんを選んでおけば間違いはないです。

プレミアムウォーターの特徴

  • 天然水
  • 床置×4種類、卓上×2種類
  • ボトル回収なし
  • 初期費用0円
  • 全国対応

価格
お水
富士:70円/500ml
南阿蘇:70円/500ml
金城:70円/500ml
富士吉田:110円/500ml
サーバー
スタンダード:月0円
スリム:月0円
cado:月0円
amadana:月0円
評価 評価4.5
備考 入会金:0円
設置費用:0円
対象エリア:全国対応
プレミアムウォーターの総評

プレミアムウォーターさんは天然水でとても人気のウォーターサーバー業者さんです。コスモウォーターさんと比較して何かが劣っているわけではないのですが、ここでは2位に掲載させていただきます。サーバーのデザインなども含めて、好みで選んでいただければ問題ないと思います。

プレミアムウォーターさんは12リットルの使い捨てボトルを採用しています。災害時の備蓄水として使いやすいと思いますし、個人的にとてもいいと思います。

ハワイアンウォーターの特徴

  • RO水
  • 床置×1種類、卓上×0種類
  • ボトル回収なし
  • 初期費用0円
  • 全国対応

価格
お水
RO水:60.3円/500ml
サーバー
月572円
評価 評価4
備考 入会金:0円
設置費用:0円
対象エリア:全国対応
ハワイアンウォーターの総評

ハワイアンウォーターさんは、ハワイで採取したお水を徹底ろ過して精製したRO水です。こちらのいいところは「注文ノルマなし」というところと、「使い捨てボトル」を採用しているという2点です。災害時の備蓄水としてとても利用しやすいと思います。

ハワイアンウォーターさんのお水は、未開封の場合で賞味期限がボトル製造より1年半です。他社さんのお水は賞味期限が長くて6ヶ月とかなので、長期保存できるという点も魅力的に感じます。

うるのんの特徴

  • 天然水&RO水
  • 床置×2種類、卓上×1種類
  • ボトル回収なし
  • 初期費用0円
  • 全国対応

価格
お水
天然水:79.2円/500ml
RO水:57.7円/500ml
サーバー
Grande:月324円
スタンダード床置:月0円
スタンダード卓上:月0円
評価 評価4
備考 入会金:0円
設置費用:0円
対象エリア:全国対応
うるのんの総評

うるのんさんは、富士山のふもとにある自社プラントで天然水を精製している業者さんです。以前は●ラえ●んをキャラクターとして使っていたことがあって、それなりに有名です。12リットルの使い捨てボトルを採用していますし、災害時の備蓄水として使いやすいと思います。

うるのんさんの天然水はバナジウムたっぷりの富士の天然水です。健康を気にされるシニアの方などには最適なお水だと思います。災害時の備蓄水としても問題ないですし、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

フレシャスの特徴

  • 天然水×3種類
  • 床置×4種類、卓上×1種類
  • ボトル回収なし
  • 初期費用0円
  • 全国対応

価格
お水
富士:75円/500ml
木曽:76円/500ml
朝霧高原:74円/500ml
サーバー
サイフォン:月0円
スリム:月0円
デュオ:月500円
スラット:月900円
評価 評価3.5
備考 入会金:0円
設置費用:0円
対象エリア:全国対応
フレシャスの総評

フレシャスさんは最近とても人気の高いウォーターサーバー業者さんです。天然水を扱っているのですが、こちらは12リットルのボトルではなくて「7リットルの使い捨てパック」を採用しています。仮に家族4人のご家庭なら、災害時1日で1パック使うくらいの量になります。

使い捨てパックが災害時に使いやすいかどうか意見が別れるところですが、別の容器に移し替えるなどすれば問題なく使えます。7リットルなので短期間で飲み切りやすいというメリットもあるので、ニーズに合わせて検討してみるといいですね。


ウォーターサーバー業者一覧

※クリックで解説記事をご覧いただけます。

災害時の備蓄水として役立つウォーターサーバーのランキング関連ページ

赤ちゃんのいるご家庭なら
費用・安さを重視するなら
一人暮らしなら
オフィス・店舗で使うなら