ウォーターサーバー「フレシャス」の富士と木曽の水はどっちがいいですか?

ウォーターサーバーを使ってみたいと思っていろいろ調べているのですが、サーバーがおしゃれなのと、軽量な無菌エアレスパックが子供にも使いやすそうなのでフレシャスがいいかなと現時点では思っています。そこでひとつご相談なのですが、フレシャスには富士と木曽の2種類のお水があるみたいで、どっちを選べばいいか迷っています。富士と木曽では何がどう違うのか、どうやって選べばいいのか教えてください。

 

フレシャスのお水は、2種類ではなくて、3種類あります。富士・木曽・朝霧高原の天然水です。それぞれ簡単に特徴をまとめてみましょう。

 

「フレシャス富士」について

 

「フレシャス富士」は、フレシャスのお水のなかで、もっともスタンダード的な位置づけのお水です。富士吉田市で採取された天然水で、日本人好みのさわやかな軟水です。

 

フレシャスのすべてのウォーターサーバーで選べるので、フレシャス利用者にとって、もっともお世話になる機会の多いお水といえます。

 

関連記事

フレシャスを代表する天然水の「フレシャス富士」。フレシャス利用者にとって欠かせないお水ですが、いったいどういったお水なのか説明します。

フレシャス富士の特集ページ≫

 

「フレシャス木曽」について

 

険しい山々と深い森に囲まれた、自然豊かな木曽地方で採取された天然の湧き水が「フレシャス木曽」です。

 

天然水のウォーターサーバーでは地下水をパッケージングすることが多いのですが、「フレシャス木曽」は天然の湧き水です。湧き水なので、採取できる量が限られていて、とても貴重なお水です。

 

関連記事

さっぱりした飲み口がとても評判のいいフレシャス木曽。こちらもフレシャスの多くのサーバーで選べるようになっています。どのようなお水なのかを説明します。

フレシャス木曽の特集ページ≫

 

「フレシャス朝霧高原」について

 

フレシャス朝霧高原は、バナジウム含有量がとても多いのが特徴の天然水。フレシャス富士にもバナジウムは含まれていますが、フレシャス朝霧高原のバナジウム含有量はそれとは比較になりません。

 

とはいえ、硬度は85の軟水なので、日本人にも飲みやすいのが特徴です。サーバーの種類によって選べない場合がありますが、対応機種を使っているご家庭でしたら、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。

 

関連記事

バナジウム含有量が1リットルあたり180μgと、日本で飲めるどの天然水よりも豊富にバナジウムを含んでいるフレシャス朝霧高原。こちらのページで詳しく説明します。

フレシャス朝霧高原の特集ページ≫

 

フレシャスのお水についてまとめ

 

フレシャス富士とフレシャス木曽のどちらがいいかという質問についてですが、これについては「ご自身で飲み比べてみてください」という回答をさせていただきます。

 

というのも、注文のたびにどちらも選べるので、「今回はフレシャス富士、次回はフレシャス木曽」といった利用のしかたができるからです。

 

ただし、選んだサーバーの種類によっては、フレシャス木曽を飲めない場合があります。具体的には「フレシャスSlat」の使い捨てボトルに、フレシャス木曽が対応していません。

 

このあたりの詳細については、フレシャスの特集ページでわかりやすくまとめています。もし興味がある場合には、そちらを参照してみてください。

特集記事

これからウォーターサーバーを使ってみたいというご家庭でしたら、まずはフレシャスから試してみるといいかもしれません。魅力的なサーバーがそろってますし、3種類の天然水がとても美味しいです。

フレシャスの魅力を大特集≫


このページの先頭へ戻る