家庭用ウォーターサーバーで過去に起きた重大事故

 

このページでは、ウォーターサーバーで過去に起きたことがある重大事故についてお話ししたいと思います。ウォーターサーバーに限ったことではないですが、家電製品というのは正しい使い方をしないと事故につながることがあります。取扱説明書をきちんと読んで、安全・安心なウォーターサーバー生活を送ってください。

 

特にお子さんには気をつけてください

 

 

熱湯が吹き出して子供が大やけど

 

ウォーターサーバーが普及し始めたころのこと。熱湯が小さな子供に大量にかかり、大やけどをするという事故がありました。

 

事故を起こした当時の蛇口 【危険】

 

事故を起こした当時のウォーターサーバーは、蛇口の根本がネジで固定するだけの、とても簡易的なものでした。そのため、子供が蛇口をクルクル回してしまい、根本から蛇口が外れて熱湯が子供に向けて吹き出す事故が起こってしまいました。

 

以前はクルッと回って外れる構造でした

 

さらに、お湯を出すときにレバーを下に下げる構造であることも問題でした。何度もレバーを下げているうちに、蛇口の根本がグラグラになることがあったんです。また、子供は力加減が分かりませんので、蛇口に体重をかけてしまい、蛇口の根本が破損するトラブルもありました。

現在の改善された蛇口 【安全】

 

現在のウォーターサーバーでは、過去の重大事故を教訓にして、いろいろな改善策が採用されています。例えば、蛇口の根本をカバーで覆うことによって、物理的に回転できなくするなどです。この構造だと、蛇口を外すためにはウォーターサーバー全体を分解しないといけません。子供が間違って蛇口を破損させてしまうことはありえないと言っていいでしょう。

 

改善後は物理的に外せない構造になっています

 

また、コップを軽く押し当ててお湯が出るようにするなど、蛇口の根本に、過剰な力が加わらないような工夫もされています。これによって、蛇口の根本が破損するトラブルは、実質的に起こりえない状況になりました。

 

さらに、現在のウォーターサーバーには、「チャイルドロック」と呼ばれるセーフティー機能が必ずついています。チャイルドロックの細かい仕様は機種によってさまざまですが、単純なレバー操作だけではお湯が出ないようになっているわけです。

 

小さなお子さんが間違ってお湯を出してしまうことを防止することができるようになっているので安全性が高まりました。現在のウォーターサーバーは、子供がやけどしてしまうリスクについては、ほぼ万全の対策ができていると考えて間違いありません。

 

 

漏電して火事になったことも

 

ウォーターサーバーは「水」を扱う機械なので、水漏れを起こす可能性がゼロではありません。ボトルの取り付け方が悪いとか、ボトル取り換え時にこぼしてしまうとか、何かの拍子に水が床面に流れてしまうことがありえるわけです。このようなケースで考えられるトラブルが「漏電(ろうでん)」です。

 

漏電というのは電気が水を伝って分散してしまう現象です。このときに、運が悪いとショートして火が出てしまうことがあります。つまり、火事になってしまう可能性があるということです。

 

延長コードは使わないようにしましょう

 

ウォーターサーバーを使うときは、「延長コード」を使うべきではありません。延長コードを使うと、床にコンセントの差し口が置かれることになり、水漏れした場合に漏電してしまう可能性が高まってしまうからです。

 

こういったことは取扱説明書に書いてありますので、必ず指示通りの使いかたをしてください。せっかくのウォーターサーバーが、事故やトラブルにつながってしまうと悲しすぎます。最近のウォーターサーバーは安全に作られていますが、使用する私たちもできる限りの注意をしたいものですね。
このページの先頭へ戻る