RO水

 

RO水の最大の魅力は「お水の安さ」ではないかと個人的に思います。なぜ安いのかというと、全国各地にある複数の工場(プラント)でお水を製造することで、輸送・運搬コストをおさえることができるからです。

 

「安い・安全・おいしい」三拍子そろったデザインウォーター

 

 

RO水の安さについて

 

どのくらい安いのかが分かりやすいように、具体例で考えてみましょう。RO水でシェアNo.1のアクアクララさんと、天然水でシェアNo.1のコスモウォーターさんでお水の費用を比較してみます。

 

RO水
アクアクララ
[詳細]
天然水
コスモウォーター
[詳細]
ボトルの単価

12リットルボトル

1,200円/本

12リットルボトル

1,800円/本

500mlあたり

50円

75円

1人暮らし(月10L換算)

1,000円/月

1,500円/月

4人家族(月40L換算)

4,000円/月

6,000円/月

 

これを見ていただいて分かるように、RO水と天然水ではざっと1.5倍の価格差があります。1ヶ月あたりの差はそれほどでもありませんが、これが1年2年と長期間になってくると、けっこうまとまった金額になってきます。もちろん「安さ」だけでお水を選ぶのは間違いですが、安さを重視したいご家庭でしたらRO水が第一の選択肢になります。

 

 

RO水の安全性について

 

もちろん天然水が安全ではないという意味ではありません。ですが、RO水の安全性は明らかにそれよりも上のレベルにあります。その根拠は何かというと、製造方法が全く違うということです。

 

1000万分の1mmという目に見えない不純物まで完全除去

 

イメージ図だけでは分かりにくいかもしれないですが、超微細なフィルターを使って、お水を分子レベルまで完全ろ過して作られるのがRO水です。「分子レベルまで」というのはどういう意味かというと、ろ過装置からでてきたお水には水分子H2Oしか含まれていないほどの完全ろ過という意味です。不純物を一切含まないので安全だというわけです。

 

 

RO水のおいしさについて

 

お水の味は、お水に溶けている「ミネラルのバランス」で変わってきます。しかし、RO水は分子レベルまで完全ろ過した「純水」なので、ろ過直後はミネラルをほとんど含みません。つまり、ほとんど味がしないという状態です。

 

4種類のミネラルがお水の味を決定します

 

そこで、アクアクララさんなどは、完全ろ過した「純水」に独自配合でミネラルを添加して、日本人好みの味に整えてボトリングしています。このミネラル配合量が業者ごとのノウハウで、差別化のポイントになっていたりするわけです。

 

 

「RO水」の取扱業者一覧

カルシウム
mg/L
マグネシウム
mg/L
ナトリウム
mg/L
カリウム
mg/L
硬度 詳細

 

公式
アクアクララ

9.8

1.2

5.0

1.7

29

超軟水

詳細

 

公式

アクアマジックワンウェイ:知床

1.2

2.4

1.5

0.2

13

超軟水

詳細

 

公式

アクアマジックワンウェイ:沖縄

0.58

13.0

4.2

3.6

53

超軟水

詳細

 

公式

アルピナウォーター

0.2未満

0.1未満

0.6未満

0.1未満

1

超軟水

詳細

 

公式

クリクラ

6.6

3.3

5.0

1.7

30

超軟水

詳細

 

公式

ハワイアンウォーター

ほぼ含まない(※数値は非公開)

ほぼ含まない(※数値は非公開)

ほぼ含まない(※数値は非公開)

ほぼ含まない(※数値は非公開)

1未満

超軟水

詳細

 

公式

フレール

非公開

非公開

非公開

非公開

3

超軟水

詳細

 

公式

 

業者一覧で注目していただきたいのが「硬度」の数値です。硬度が「1」とか「3」といった業者のお水は、RO膜でろ過したままのお水と考えていいです。ミネラルがほとんど含まれていないので、とにかくサッパリ味のお水ということになります。

 

一方で、アクアクララさんのお水などは、硬度が「30」程度になるように調整してあります。これは「日本の天然水」を意識したミネラル配合で、日本人好みの味わいになるように考えられているということです。

特集記事

これからウォーターサーバーを使ってみたいというご家庭でしたら、まずはフレシャスから試してみるといいかもしれません。魅力的なサーバーがそろってますし、3種類の天然水がとても美味しいです。

フレシャスの魅力を大特集≫


このページの先頭へ戻る