サーバーのレンタル料金

 

ウォーターサーバーのレンタル料金が
必要な販売業者と、

 

レンタル料金が必要ない販売業者の
2種類があることをご存知でしょうか?

 

 

主なウォーターサーバー会社を
一覧で比較してみましょう。

 

 

説明・解説

備考

コスモウォーター

レンタル料金:0円
メンテナンス料金:0円(※)

天然水、RO水、ワンウェイ式ボトル

ネイフィール
ウォーター

レンタル料金:0円
メンテナンス料金:0円(※)

天然水、RO水、ワンウェイ式ボトル

オーケンウォーター

レンタル料金:0円
メンテナンス料金:0円(※)

天然水、RO水、ワンウェイ式ボトル

フレシャス

レンタル料金:0円
メンテナンス料金:0円(※)

天然水、ワンウェイ式エコバッグ

アクアクララ

レンタル料金 あんしんサポート料:機種によって異なる

メンテナンス料金:あんしんサポート料に含む

RO水、ガロン式ボトル

(※)全機種、定期メンテナンス不要

 

 

↑↑↑

 

こちら見ていただけると、

 

アクアクララに関しては、サーバーの
レンタル料金 あんしんサポート料がかかることが分かります。

 

 

アクアクララは定期メンテナンスのサービスがあるから!

 

 

なぜ、アクアクララのサーバーは
あんしんサポート料がかかるのかというと、

 

サーバーを定期的に工場に引き取って、
専門の技術者がメンテナンスしてくれる
サービスを実施しているからです。

 

 

メンテナンス実施のときに費用を
徴収すると、そのタイミングで解約
されたりするために、

 

あんしんサポート料という名目で、
毎月支払うようになっているわけです(笑)

 

 

アクアクララはボッタクリか?!

 

 

サーバーのレンタル料金を
払わなくていい販売業者があるのに、

 

わざわざレンタル料金が発生する
アクアクララを選ぶ必要はないような
気がしてくると思います。

 

 

しかし・・・

 

 

トータルコストで考えると、

 

アクアクララが他の販売業者より
高過ぎるということはありません。

 

 

具体的な例で、試算してみましょう。

 

↓↓↓

 

販売業者

コスモウォーター

アクアクララ

お水の種類

天然水(島根金城)

RO水(アクアクララ)

お水代

1,900円/本

1,260円/本

お水の消費本数

N本

N本

配送料

0円

0円

サーバーの種類

ロング2

ロング7

リース料

0円

1,575円

電気代

約700円

約400円

合計

1,900×N+700円

1,260×N+1,975円

 

 

ここで、例えば、1ヶ月に2本のボトルを
購入する場合を考えてみると、

 

コスモウォーター → 1,900×2+700=4,500円
アクアクララ → 1,260×2+1,975=4,495円

 

ボトル2本のケースで、
アクアクララの方が5円安いです。

 

 

さらに・・・

 

コスモウォーター → 1,900×3+700=6,400円
アクアクララ → 1,260×3+1,975=5,755円

 

ボトル3本のケースだと、
アクアクララの方が645円安いです。

 

 

つまり・・・

 

 

月々のレンタル料金はかかりますが、

 

お水の消費量が多いご家庭では
アクアクララはかなり割安だということです。

 

 

アクアクララを無理におすすめする
わけではありませんが、

 

レンタル料金がかかるという理由だけで
選択肢から外してしまうのは間違いだと
いうことをお伝えしたいと思いました。

→ アクアクララの公式サイト