ウォーターサーバー徹底比較「失敗しない正しい選び方を教えます!」

ウォーターサーバーの「電気料金」について

 

ウォーターサーバーがあると、

 

冷たいお水や温かいお湯を
いつでも好きなときに利用できて
とても便利です。

 

 

しかし・・・

 

 

便利なのはいいのですが、

 

電気代が高くついてしまうんじゃ
ないかと、心配になるかもしれません。

 

 

おおまかに千円程度みておけばOKです!

 

 

ウォーターサーバーの、1ヶ月あたりの
電気代の「目安」は、

 

以前の機種だと1,000円程度と
言われていました。

 

 

この1,000円という金額は、

 

消費電力(ワット数)などから
算出した理論値になります。

 

 

電気代は地域によっても変わって
くるので、利用環境によって誤差が
出るのは仕方ないところです。

 

 

ちなみに・・・

 

 

最近の新しい機種に関して言えば、

 

省エネ性能がどんどん向上していて、
電気代が350円程度をうたっているような
機種も出てきているほどです。

 

 

ウォーターサーバーを使えば、
ガス代が多少減ったりするメリットも
ありますし、

 

電気代に関しては、それほど気にしなくても
大丈夫ではないかと思います。

 

 

省エネ1位「ロング7」 省エネ2位「ロング5」 省エネ3位「ロング4」

 

 

電気代:約350円/月

 

 

電気代:約400円/月

 

 

電気代:約500円/月

 

ロングタイプ(床置き型)の一覧表≫

 

ショートタイプ(卓上型)の一覧表≫

 

 

電源を切って常温で使用してもいいか?

 

 

電気代を節約するために、

 

ウォーターサーバーの電源を切って
常温で使用したいと思うかもしれません。

 

 

 

しかし・・・

 

 

ウォーターサーバーの電源は、
原則として入れっぱなしにしてください。

 

 

というのも、

 

電源を切ってしまうと、サーバー内に
バイ菌が繁殖しやすくなるからです。

 

 

ウォーターサーバーの電源を入れておく理由
  • 「温水機能」・・・バイ菌を死滅させる役割があります
  • 「冷水機能」・・・バイ菌の活動を停止させる役割があります

 

 

ウォーターサーバー内の清潔感を
キープするために、

 

必ず電源は入れっぱなしにして
使用するようにしてください。


ウォーターサーバー業者一覧

※クリックで解説記事をご覧いただけます。

【ウォーターサーバー比較2-2】電気料金関連ページ

サーバーの機能
メンテナンス
デザイン