ウォーターサーバー徹底比較「失敗しない正しい選び方を教えます!」

「ガロン式」と「ワンウェイ式」のどちらを選ぶべきか?

 

ウォーターサーバーで使用するボトルには
「ガロン式」と「ワンウェイ式」の2種類あります。

 

 

「ガロン式」

「ワンウェイ式」

概要

「ガロン式」は、別名「リターナブル式」とも呼ばれる再利用するタイプのボトルです。使用済みのボトルは、次のお水を配達してもらうときに、業者が回収していきます。

  • 空きボトルは再利用
  • やや硬質なボトル

「ワンウェイ式」は、再利用をしない、使い捨てタイプのボトルです。素材が柔らかく、使用後はつぶして捨てられます。配達のみの一方通行(One Way)が名前の由来です。

  • 空きボトルは捨てる
  • 柔らかいボトル

メリット

ガロン式のメリットは、再利用するため、余計なゴミが出ないということです。回収は配達のついでに行うため、トラックのCO2排出量が増えることもありません。

  • ゴミが出ない
  • 地球環境にやさしい

ワンウェイ式のメリットは、使い終わったらぺちゃんこにつぶして、すぐに捨てられることです。ガロン式のように、空きボトルがじゃまになることがありません。

  • ボトルがじゃまにならない
  • 外気が混入せず衛生的

デメリット

使い終わった空きボトルが場所をとるため、回収されるまでじゃまになります。水を出すとき、ボトル内に空気を入れるため、ボコボコ音が気になる可能性があります。

  • 空きボトルがじゃまになる
  • ボコボコ音がする

使い終わったボトルは、キャップなどを分解して資源ごみとして捨てます。素材自体が原則リサイクルされますが、リサイクル率100%というわけではありません。

  • ゴミが出る
  • 災害時にやや使いにくい

 

 

災害時の備蓄水としては「ガロン式」がおすすめ

 

 

ウォーターサーバーのお水は、
災害時の備蓄水として、
とても役に立ちます。

 

ただし・・・

 

 

災害時には電気が止まることが
予想されるので、ウォーターサーバーを
動かすことはできないかもしれません。

 

 

その場合には、ボトルのお水を、ボトルから
直接出して使う必要がありますが、

 

ワンウェイ式の柔らかいボトルは、
ふにゃふにゃしていて、少し扱いにくく
感じると思います。

 

 

もちろん、まったく使いものにならないとか、
そういう深刻な問題ではないですが、

 

災害時の備蓄水としては、どちらかと言えば、
ガロン式のボトルが有利かもしれないです。

→(例)RO水(アクアクララ)

 

 

外気の影響を受けないのは「ワンウェイ式」

 

 

ワンウェイ式のボトルは、柔らかいので
水を出すときに、どんどんつぶれて小さく
なっていきます。

 

 

一方で・・・

 

 

ガロン式の硬いボトルの場合、

 

ボトルがつぶれないため、水を出すときに、
モーターでボトル内部に空気を入れて
水を押し出す必要があります。

 

 

そのため、水を出すときに、
ボコボコという音がするわけです。

 

 

ここで・・・

 

 

もし、ウォーターサーバーの周囲の空気が
ひどく汚れている場合には、

 

その汚れた空気が、ボトル内部に
入ってしまう可能性が否定できません。

 

 

もちろん、抗菌エアフィルターを
通した空気なので、普通レベルの空気なら
まったく問題はないのですが、

 

室内で大量にタバコを吸うとか、
近所の工場などの排煙がひどいとか、

 

周囲の空気環境に不安を感じる場合には
ワンウェイ式をおすすめします。

→(例)天然水(富士)

【ウォーターサーバーの選び方1-3】ガロン式を選ぶか?ワンウェイ式を選ぶか?関連ページ

1.天然水vsRO水
2.軟水vs硬水