ウォーターサーバー徹底比較「失敗しない正しい選び方を教えます!」

ガロン式(リターナブル式)とワンウェイ式のどちらを選ぶべき?

 

「ガロン式」を選ぶか? それとも「ワンウェイ式」を選ぶのか? ウォーターサーバーを選ぶときの最重要ポイントのひとつです。このページでは、それぞれの特徴についてご説明して、どちらを選べばいいかアドバイスさせていただきます。

 

 

ボトル回収をするのか? しないのか?

 

ウォーターサーバー業者さんには大きく2種類あります。ボトル回収をする業者さんと、ボトル回収をしない業者さんです。

 

 

ボトル回収ありの業者

ボトルを配達して、ついでに空きボトルを回収

「ガロン式ボトル」を採用

 

 

ボトル回収なしの業者

ボトルは回収せずに資源ゴミとして家庭で捨てる

「ワンウェイ式ボトル」を採用

 

 

ボトル回収をする業者さんが採用しているボトルが、「ガロン式」と呼ばれているタイプのボトルです。ガロンとは液体の量を示す単位のことで、1ガロンは約3.7リットルです。日本で流通しているガロン式ボトルは12リットルのものが主流で、3ガロンボトルなどと言われることもあります。

 

一方で、ボトル回収をしない業者さんが採用しているボトルが、「ワンウェイ式」のボトルやパックです。ワンウェイというのは英語の「One Way(一方通行)」のことで、配達のみの一方通行ということでこのように呼ばれています。

 

 

ガロン式・ワンウェイ式の比較

 

ガロン式とワンウェイ式にはそれぞれメリットとデメリットがあります。どちらが良い悪いというのはなく、それぞれのご家庭のニーズに合わせて選ぶのが正解です。ということで、両者のメリット・デメリットを整理してみたいと思います。

 

ガロン式 ワンウェイ式
外観

素材

硬質プラスチック(ポリカーボネート)

PET樹脂、ポリエチレンなど

空きボトルの処理

回収あり(新しいボトルを配達するついでに空きボトルを回収、内部をキレイに洗浄して再利用)

回収なし(各家庭やオフィスで資源ゴミとして廃棄処分)

配達方法

自社スタッフによる配達

宅配業者による配達

メリット

自社スタッフさんが配達してくれるので、メンテナンスの相談など気軽にできる。丈夫な硬質ボトルなので、災害時の備蓄水としても安心感がある。回収してもらえるのでゴミが出ない。

空きボトルは小さくつぶして捨てることができる。つまり、空きボトルが部屋の中でじゃまになることがない。宅配業者が配達するので留守にしてても再配達で受け取りやすい。

デメリット

回収されるまで空きボトルが部屋の中でじゃまになる。留守中は玄関前などに不在置きすることになるので盗難などのリスクがある。

宅配業者に配達を委託しているため、その分の中間コストがお水の費用に上乗せされる。ゴミが出る。

ガロン式 ワンウェイ式
コスト

比較的安い

ガロン式より少し高い

ボトル交換

ボトルを持ち上げるのが女性にはやや重たい

軽量パック、足元交換サーバーなどは交換が楽

静かさ

水を出すときにコポコポ音がする

比較的静か

不在時の受け取り

不在置き対応

宅配業者の再配達

空きボトルの処理

回収されるまで場所をとる

資源ゴミとして捨てることが可能

サポート体制

配達員さんに直接相談できる

電話サポートで対応

ガロン式 ワンウェイ式
取扱業者

【RO水】
アクアクララ
アルピナウォーター
エフィールウォーター
クリクラ

 

【天然水】
アクアセレクト
マーキュロップ

【RO水】
アクアマジックワンウェイ
ハワイアンウォーター
フレール(※1)

 

【天然水】
アクアセレクト(※1)
アルテッセ
ウォーターエナジー(※2)
うるのん
オーケンウォーター
コスモウォーター
ダスキンの天然水(※2)
ネイフィールウォーター
富士の湧水
ブルーウォーター
フレシャス(※1)
プレミアムウォーター
ラピロスウォーター
ワンウェイウォーター

 

※1 使い捨てパック
※2 バッグインボックス

 

上記の取扱業者一覧を見ていただいて分かるように、最近の主流は「ワンウェイ式」のボトルやパックです。宅配便業者に配達を依頼するため、いろいろな業者さんが新規参入しやすいことが原因だと思われます。

 

 

あなたのご家庭ではどちらが適しているか?

 

さきほどもお話ししたように、ガロン式とワンウェイ式のどちらを選べばいいかは、各ご家庭で「何を重視するか?」によって決まります。上記の比較表を参考にしていただいて、絶対に外せない条件と、妥協できる条件を考えてみてください。

 

個人的な意見を言うと、費用やサポートを重視するご家庭は「ガロン式」の業者さんが向いていると思います。それ以外のご家庭でしたら「ワンウェイ式」が向いているように思います。

 

ボトルの種類以外にも、お水の種類など考慮すべきポイントはいろいろあります。まずはウォーターサーバー業者さんの情報をチェックしていただいて、総合的に判断されるといいですね。



ウォーターサーバー業者一覧

※クリックで解説記事をご覧いただけます。

【ウォーターサーバー比較1-3】ガロンvsワンウェイ関連ページ

天然水vsRO水
軟水vs硬水